アダルトサイトの知識

無修正のAV・エロ動画を買うのは違法じゃないのか?安全性について解説

結論から言うと、基本的には罪にあたらない。

罪にあたらない理由と、罪にあたるケースを以下で解説する。

無修正の個人使用は何の問題もない

無修正エロ動画・無修正アダルトDVDは、法律上「わいせつ物」となる。

そして、わいせつ物を個人でただ所有・鑑賞するだけでは、何の罪にもあたらない。

誰もがスマホで簡単に無修正エロ動画を見られるこの時代に、持っているだけで違法だったら男は犯罪者だらけである。

もちろん、カリビアンコムなどの無修正サイトを利用してストリーミング再生やダウンロードをしただけで逮捕されたという人はいない。

安心して無修正サイトの利用、マーケットサイトでの購入をしてもらっていい。

無修正エロ動画の利用で逮捕されるケース

ここからは無修正エロ動画・無修正アダルトDVDの利用で捕まってしまうケースを解説しよう。

主に以下の2つがアウトであり、逮捕される可能性がある。

アウトな2パターン

  • 無修正動画を売る、ばら撒く
  • 無修正動画の内容が児童ポルノ

無修正動画を売ったりばら撒いたらアウト

無修正エロ動画を売っている人や、動画共有サイトなどにアップロードしている人は、「わいせつ物頒布」などの罪にあたる。

日本国内で無修正動画をアップロードして広告収入を稼いでいた人が逮捕されたり、ということは度々起こっている。

では無修正動画が販売されているサイトは漏れなく違法サイトなのか?というと、そういうわけでもない。

カリビアンコムなどの有料無修正動画サイトは、基本的にどこも海外で制作・運営されており、日本の法律は適用されないからだ。

こんなのただの建前だと言われているが、その建前が現状は通用しているのだから、無修正サイトの利用は問題ない。

万が一有料サイトが摘発されて潰れたとしても、別にユーザーは何の罪にもあたらない。

無修正動画が児童ポルノだった場合も一応アウト

手に入れた動画の内容が18歳未満の児童のエロだった場合、児童ポルノ禁止法に抵触し、所持しているだけでも罪にあたる。

しかし実際問題としては、児童ポルノの疑いがある動画をダウンロードしたり購入したくらいで捕まる可能性は低い。

なぜなら、18歳未満に見えるエロ動画なんて世の中に腐るほどあり、対象の動画が本当に18歳未満の児童ポルノかどうかなんて簡単にはわからないからだ。

また、児童ポルノを所持しているかどうかを確認されるような状況は、別件で家宅捜索とかでもされない限り、普通に暮らしていればまずない。

世に出回っているロリっぽい動画を一つ一つ調べ、出演者を特定して年齢を調べ、販売サイトを摘発したり購入者を特定して家まで捕まえにいくかと考えたら、まあないだろう。

以上の理由から、マーケットサイトなどでロリ(っぽい)動画を買ったくらいで家まで警察がやってきてチェックされることはまずないと考えられる。

事実、児童ポルノで捕まっている人は基本的にアップロード者や販売者だ。

と言っても当サイトとしては犯罪を推奨するわけにはいかないので、児童ポルノが疑われる作品の購入はおすすめしない。欲しい人は自己責任で。

おすすめ優良サイト解説記事

1

エロ動画を見るのに絶対に1円も払いたくないという人もいれば、値段は問わないから最高のAV鑑賞環境が欲しいという人もいる。 この記事では0円から1万円オーバーまで、月額予算別におすすめのアダルト見放題サ ...

2

AVやアダルトサイトを語るのに外せない存在が、FANZA(旧DMM.R18)だろう。 FANZAは大企業DMMが運営している、男なら誰もが知っているアダルトサイトである。 アダルト動画の配信だけでなく ...

3

U-NEXTとは、「見放題作品数No.1」の動画をメインとしたオールインワン・エンターテイメントサービスである。 U-NEXTの基本情報(2020年5月1日公式発表時点) 動画数:200,000本以上 ...

-アダルトサイトの知識

Copyright© エロ動画の探し方 , 2020 All Rights Reserved.